女性

ワンルームマンション投資を行なう際の土地活用のポイント

マンション経営の種類

マンション

マンションで利益を得る

マンション投資は不動産投資の中でもスタンダードな存在ですが、その種類もさまざまです。一般的には土地活用としてマンションを建てて経営を行う方法もありますし、投資としてマンションの一室や一棟まるごと購入して経営するというものもあります。またマンションの種類も複数の部屋があるファミリー向けマンションから、単身者向けのワンルームマンションがありますし、それらのマンションでも面積によって庶民向けマンションと高級マンションの違いがあります。いずれにしてもマンション投資を行うさいには利用者が居なければ利益を得ることができませんので、その立地が重要になってきます。需要のある地域であれば安定的に収益を得ることができます。

ワンルームのメリットは

ワンルームマンションに投資するメリットとしては部屋単位であれば、投資金額が小さいことです。地域や物件の年数によっては変わってきますが1部屋あたり1000万円前後で手に入れることができ、複数部屋のあるマンションや戸建てに比べるとローコストです。またワンルームマンションの性質として流動性の高さがあります。ファミリー向けマンションはそのターゲットが限られており、入居してくれれば安定的な収入を得ることができますが、退去後に新しい入居者を探すのは大変です。一方でワンルームマンションでは、もともと流動性があるのでそのぶん入居者を集めるのが容易ですし、もともとワンルームマンションはファミリー向けマンションなどと異なり都市部では需要が旺盛ですので継続的に収入を得られるほか、売却も容易に行えるメリットがあります。

家賃も保証してもらえる

つみき

不動産会社ではオーナーが不動産投資を始めやすいように、さまざまなサポートやサービスを提供しています。そのひとつにサブリースというシステムがあり、不動産会社がまとめて建物を経営や管理をすることで、家賃保証などをしてくれるサービスとなっています。

もっと見る

適切な業務を担保するもの

男性

不動産物件を一括して借り上げて第三者に転貸する事業形態がサブリースです。物件所有者が不動産事業の知識がないとき等に有効です。しかし、情報格差を利用し物件所有者に不利益な契約をする業者もありました。そこで、国は問題業者へ指導、助言、勧告及びそれらの行為をした場合の公表で適切な業務を担保しています。

もっと見る

シナジー効果で自社強化

女性

企業の事業拡大に役立つのが企業買収です。買収先の不動産業者がもつ物件を買主側に譲渡することができるので、企業をコンパクトにしつつ、コスト削減も図れます。M&A仲介会社に依頼することで、こちらの企業の条件に合致する相手をリサーチしてくれれます。

もっと見る